イノベーションの創出と日本の発展を目的とした中長期研究インターンシップ<修士・博士・ポスドク対象>を推進する協議会です。

事業について

  • HOME »
  • 事業について

産学協働イノベーション人材育成コンソーシアム事業

背景

企業の発展のためには、様々な分野から多彩な人材を集めていかなければなりません。
一方、大学での研究分野はより細分化され、専門性が高くなる反面、企業から理解しにくいケースが増えてきました。
そこで、経済産業省の支援のもと、12の大学が企業8社と連携し、当協議会を一般社団法人として、2014年1月に発足させました。

狙い

イノベーションの創出のためには「研究開発実践型の中長期インターンシップ」が有効な手段とされています。
また、中長期インターンシップは、イノベーティブな人材の育成のみならず、将来性があるもののリスクが高く取り組めなかった研究を通した研究現場への新たな発想の取り込みなど、企業にも多くの有益性を含んでいるといえます。

企業が幅広い大学の中から専門性の高いインターン生を受け入れることができるだけでなく、企業と大学研究室が連携するためのきっかけ作りにも活用いただけます。
大学は社会ニーズを踏まえた実践的な教育とグローバル化に対応したカリキュラム検討に活かすことができます。

本事業の活動

多数の企業や大学の参加を得て産学協働プラットフォームを構築するとともに、中長期研究インターンシップ普及促進のために必要な以下の項目を実施いたします。

  1. 中長期(2〜3ヵ月以上)研究インターンシップにおけるPDCAサイクルの実施
  2. インターンシップガイドライン及び契約書雛形の整備
  3. オンラインによるマッチング支援システムの整備

特徴

  • 適切なマッチングを行うため経験と情報を持ったコーディネーターが関係者全体の要望を伺って調整しています。
  • 参画組織は、日本でも有数の研究開発に携わっている企業と大学です。
  • 協議会は、それぞれの質を保証できるよう働きかけ、インターンシップ機会の効果を高めます。

ご参画について

正会員 賛助会員
1. 総会の議決権
2. WG活動 必須(1つ以上) オンラインシステムWGのみ傍聴可
3. オンラインシステムの閲覧 制限なし 制限有り(各企業が提供するインターンシップのテーマや各大学の院生情報へのアクセス不可)
4. オンラインシステムへの登録
(インターンシップの受入れ、送り出し)
不可
5. 契約書雛形の利用
6. ガイドラインの利用
7. 協議会主催の勉強会、交流会等への参加
(年間の回数制限有り)
8. 入会金・年会費※ 入会金 当面0円
年会費 100万円
入会金 当面0円
年会費 100万円

※「会費及び入会金に関する規則」を参照

  1. 本コンソーシアム事業は、当協議会が運営機関となりますので、事業にご参画いただく場合は、当協議会への入会が必要となります。
  2. 当協議会への入会を希望される場合は、協議会事務局宛に別添の「入会仮申込書」をご提出ください。入会仮申込書に基づき、入会に向けた手続きを始めさせていただきます。
  3. 当協議会への入会に当たっては、別途、諸書類をご提出いただきます。また、入会の審査は協議会の理事会において行われます。
  4. 正会員としての入会後は、協議会の定款を遵守いただくとともに、中長期研究インターンシップの受け入れの他、ワーキンググループ等の活動に参加していただくことになります。

     

    moushikomi


    詳しくはこちらのページ

参画機関

お気軽にお問い合わせください TEL 075-746-6872 受付時間 9:00-17:00 [土・日・祝日除く]

Partners

Partners
PAGETOP
Copyright © 2014-2015 産学協働イノベーション人材育成協議会 All rights reserved.